04.18
Mon
フォローするとイイことあるかも!

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


スタッフ募集中です。



ゴールデンウィークの営業と連休のお知らせ



第5回 焼肉会のお知らせ


***********************************



昨日、面接のおわった中から、



2人に、一緒に仕事をしてもらえませんか?って電話した。



受話器から伝わってくる、嬉しそうな感じは、



何度でも、こちらも嬉しく思うねんなぁ。



その気持ちを忘れんといて欲しいと思うねんけど、



エエこともあれば、ツラいこともあって、



残念な結果になることのほーが多いかな。。。



長いこと続いてくれたらエエねんけどね。







では、本編。



たまには、お肉の話もせんと、



USビーフは、かなり細分化されたスペックで輸入され流通しています。



そのなかで、



ハンギング・テンダー というスペック



これが、日本の通称では「サガリ」にあたります。



Hanging Tender



直訳すると「ぶら下がった、柔らかいヤツ」?(笑)



ぶら「サガリ」(笑)



国は違えど、発想は同じなのかも!




サガリ


ただ、同じ部位でも、



アメリカは、アンガス種が中心、



日本でも、黒毛和種、交雑種、ホルスタイン種、、、と



牛の種類が異なると、味わいも変わります。



また、流通の過程での扱いでも、味わいが変わります。



これだけ色々な要素で味わいが変わってしまう。



なのに「名前」は一緒。消費者は何を信じればいいのか難しいですね。



多くの情報の中から、自分なりに取捨選択して、



自分なりの価値観を築き上げていくのが大切なのかも。。。



あれ?今日は、ハン・テンの話やったのに、



そっと脇道にそれたかも?(笑)



濃い紫っぽい紅色で、脂や、サシが真っ白なサガリがグー♪だと思います。









応援クリック、お願いします。


ありがとうございます!グイグイUPしてます!


人気ブログランキングへ



また作ってみました(笑)
にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top